お正月の帰省時に持っていきたいスマホアクセサリー

こんにちは。i-o-times編集部のJです。

♪もう~い~くつねると~お正月♪

クリスマスが終わるとすぐにお正月ですね。お正月には実家に帰省される方も多いと思います。そこで今回は、お正月の帰省時にオススメのスマホアクセサリーを紹介します。

ハンドスピナー付きスマホケースで暇つぶし

>ハンドスピナー付きスマホケースで暇つぶし

帰省と言えば、長時間の移動がつきものです。途中、暇な時間もあると思います。そんなときに気を紛らわせてくれるのが、2017年に大流行したハンドスピナー

ハンドスピナーは2017年の流行語大賞にもノミネートされましたね。場所も取らず、大きな音も出ないため、移動時でも一人でこっそりと楽しめます。

以前の記事『ハンドスピナー付きスマホケース3選!』でもご紹介しましたが、スマホケースにハンドスピナーが付いているモノもあります。スマホいじり×ハンドスピナーで完璧な暇つぶしができるでしょう。

→(外部リンク)シンプルケース+シンプルハンドスピナー
→(外部リンク)エスニック模様ケース+光るハンドスピナー
→(外部リンク)貝殻イラストケース+船の舵型ハンドスピナー
ハンドスピナーは子どもにも人気です。帰省先に小さい従兄弟や甥姪が来ていたら注目されること間違いナシです。

ちなみに、i-o-times編集部はハンドスピナー・オタクの巣窟。やたらと多いこちらのハンドスピナー関連記事もどうぞ。

→(関連記事)話題のハンドスピナー誕生物語
→(関連記事)ハンドスピナーの効果はどこまで本当なの?
→(関連記事)ハンドスピナーって危険なの?
→(関連記事)必見!ハンドスピナーの選び方5選

→(外部リンク)ハンドスピナー|i-o-times公式ショップ
→(外部リンク)ハンドスピナー|アマゾン

WAYLLY(ウェイリー)で親族の集合写真をパシャリ

WAYLLY(ウェイリー)で親族の集合写真をパシャリ

帰省時にしか会わない親戚もいるので、記念にみんなで写真を撮ることもありますよね。ただ、誰かが撮れば、撮る人が一緒に写れない…そんなときに便利なのが自撮り用iPhoneケース『WAYLLY』です。

WAYLLY(ウェイリー)の利用シーン

WAYLLYは、新素材の『ナノサクション』でできていて、ガラスや鏡、金属などの平面で滑らかな素材に貼り付くので、三脚無しで全員が入った記念撮影を簡単に行えます。

→(関連記事)壁に貼り付くスマホケース WAYLLY(ウェイリー)で自撮り棒が不要な時代に!

また、記事でも書いたのですが、記念撮影では、iPhone本体に手を伸ばしてセルフィー撮影はできないので、どうしてもタイマー撮影になってしまいます。しかし、タイマー撮影だとポーズがみんなバラバラだったり、誰かが目をつぶった瞬間がとれてしまったり…イマイチ良い記念写真が撮れないですよね。

そんなときは、自撮りシャッターがあると便利です。自撮りシャッターはBluetooth方式のモノが多いのですが、いざというときにペアリングが解けてしまっていたら面倒なので、ペアリング不要の超音波方式の方が安心です。

スーパーソニックリモート自撮りシャッター

i-o-timesがオススメする『Aprolink(アプロリンク)』社製の自撮りシャッターは、超音波方式で、7m離れていてもシャッターが切れて便利です。

→(関連商品)スーパーソニックリモート自撮りシャッター(ブラック)

→(関連商品)スーパーソニックリモート自撮りシャッター(ホワイト)

→(関連記事)iPhone 7での自撮りには必須?!話題の超音波方式の自撮りシャッターを使ってみた

お正月の帰省に持っていくスマホアクセサリーは見つかりましたか?

いかがでしたか? 今回ご紹介したスマホアクセサリーがあれば、お正月の帰省がちょっぴり楽しく・便利になるハズ。ぜひお試しくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事